買取規約

契約規定

車輌所有者(以下「甲」という)は、株式会社 川内自動車(以下「乙」という)に対し以下の通り買取契約を行うこととする。

第1条(契約の目的)

甲は、乙に対し表記1.の自動車を表記2.の買取価格で売渡し、乙はこれを買受ける。

第2条(売買代金の支払い)

乙が表記の買取価格を甲に支払う際は、車輌所有者の印鑑証明、委任状、譲渡証明書と車輌の有効期間のある自動車納税証明書、自賠責保険証明書が、甲から乙へ引き渡された場合に支払われる。

第3条(自動車税等)

甲が支払い済のリサイクル預託金、自動車税、自賠責保険料、重量税等の未経過分にあたる金額は、買取価格に含まれるものとする。

第4条(消費税)

消費税は、買取価格に含まれるものとする。

第5条(車輌の名義変更)

甲が乙に販売した車輌の名義変更に関しては、乙が一切の責任を負う。

第6条(名義変更書類の差替え)

甲は、名義変更書類が有効期限の経過その他やむを得ない事情により失効した場合は、直ちに差替えに応じることとする。

第7条(第三者に対する債務の返済)

甲が、販売した本件車輌に関し、自動車販売業者、信販会社またはその他の金融機関に対する債務を完済していない場合、乙はこれらの債務者に照会の上、乙の選択により残債務を甲にかわって返済しその金額及び、乙の定める代行手数料を買取金額から控除することがある。

第8条(解除)

(1)甲が本契約の履行に着手する前に一方的に契約を解除した場合には、乙は甲に対し損害賠償請求をなしうるものとする。

(2)次の事項のうち、1つにでも該当する場合は、乙は甲の帰責事由の有無にかかわらず、直ちに本契約を解除出来るものとする。

1.表記1.記載の車輌状況と、本件車輌の車輌状況とに相違があった場合。

2.本件車輌に隠れたる瑕庇(本契約成立時の査定で発見出来なかった瑕庇が再査定によって発見された場合を含む)があった場合。

3.本件車輌が、盗難車・差押さえ者・偽造車(名義書類の偽造により名義変更された車輌)・抵当権車(抵当権の目的となっている車輌)等の法的問題車であった場合。

4.その他、甲が本契約に違反した時。

第9条(事故による修復歴の定義)

事故による修復歴の定義は、一般社団法人 自動車公正取引協議会の規約に準ずる。

オートバンク 軽car 買取一番

オートバンク買取専門店 買取一番

オートバンク神道寺店
025-290-5690

新潟市中央区神道寺1-6-18

オートバンク藤見町店
025-256-7889

新潟市東区藤見町2-2-2

オートバンク姥ケ山店
025-257-7389

新潟市中央区姥ケ山58-1

お問い合わせはお手元に車検証ご用意の上、
お気軽にお電話ください

0120-037-089

ページのトップへ戻る